FC2ブログ

褒めるということは(褒めたければ褒めようとするな))

みなさん、こんばんは( ・∇・)


今回は僕自身が考える「褒める」について書いてみたいと思います。ちょうど前回のKさんの施術の感想で少し出てきましたので…

褒めるってなんでしょうか?他人のいいところを指摘して、喜んでもらう。そんなところでしょうか。

人に喜んでもらうために様々な褒めテクニックなるものが存在しますし、アダム徳永先生にも「2段褒め」を教えていただいたこともありました。

1つここで思い出なのですが、実は僕この褒め方があまり好きではありませんでした。なんとかして僕を褒めようとして、見られている感じがどうにも嫌でした。

2段褒めにせよ他の褒め方にせよ、どうも小手先のテクニックで何とかしてやろう、という感じがしてならないのです(あくまでも僕の主観です)

僕の考える「褒める」は「褒めようとしないこと」ですかね。

本当に思ったことを言う。ただそれだけ。

ですから、僕の中では褒めている感覚は全くありません。

僕が思ったことを口にして、受け手である女性が褒めてくれたと捉えてくれているだけ。


どんなに着飾った言葉でも、どんなに女性が馴れていない褒め言葉をかけられたとしても、心に1番響くのは営業トークなどといった損得勘定や打算の一切ない曇りなき心からの言葉。

正に心と心です。人の思惑が入り込んでいるような言葉では心に響かない。


…偉そう言ってる僕にしてもこれに気がついたのは、この仕事を始めて間もなくのこと。そのきっかけを作ってくれた人にとても感謝しています。

着飾ったところでたかが知れていますし(笑)僕は僕らしく、これからもこの「褒めない」スタイルでいきたいと思います😊
スポンサーサイト
[PR]

コメント

非公開コメント

プロフィール

ケンタ

Author:ケンタ
FC2ブログへようこそ!

アダムスクールに通ってアダムJr.の称号も受け、出会い系サイトにて独自にスローセックスを普及する活動をしていました。

ある日ご縁でシンさんと出会い、より多くの女性のお役に立ちたいと思い、デュオ静岡として、性感マッサージ師になることを決意しました。

僕のする施術は女性の本来のものを引き出すものです。女性は誰でも素晴らしいものを持っています。

気持ちいい、癒される、は当たり前として、今後の女性にプラスになるような施術を目指していきます。

女性に喜んでもらえるよう頑張りますので、このブログともども、みなさんよろしくお願いします!

浜松以外でも、東京、大阪その他の地域でも出張致します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR