FC2ブログ

有名なお店ほど良店はなし…!?

みなさん、こんばんは( ・∇・)


…以前、テレビに取り上げられたりしている人気店が必ずしも美味しいものを提供するとは限らない、ということを書きました。

個人的ではありますが、お店を選ぶにあたって基準とすることを書いてみたいと思います。


○テレビでよく出演している、あるいはよく出演していた人のお店に良店はない


ケーキにおいても料理においても、この人の本職はタレント?と思うくらいテレビに出ているシェフがいます。そういった人のお店はほぼ間違いなく美味しくはないです。

「テレビなどに出ると、菓子職人としての成長が止まる」

とは僕の先生がおっしゃっていたこと。マスコミに持ち上げられて自信過剰になるし、努力しなくとも売れるようになるから、キツい仕事はしなくなるのか、かなと思う。

実際昔よく見かけたパティシエのお店、シェフのお店、色々食べてみましたが本当に美味しくなかったし、店員の態度も悪かった(たまたまかもしれないが)

○豪華?なお店ほど良店はなし

お店がやたら豪華でお金かかってそうなお店には期待はしない。

そのお金はどこから出てるの?

冷静に考えてみてください。

お客様からですよ?

高そうな車を乗り回している人のお店も同様である。

○汚ないお店に良店はなし

これも僕個人的な見解。少し前かな?「きたなシュラン」とかいう汚ないけど美味しいお店を紹介する番組があったが、掃除がきちんと出来ないお店に美味しいものは作れないと思っている。

掃除は仕事の基本であり、雑務ではない。たかが掃除、と思うかもしれないですがちゃんと出来ていない人がほとんどです。


ここでは飲食を例に上げていますが、この性感マッサージの業界においても同じことが言えるのではないでしょうか?

名前が売れてる人、口コミの多い人、人気のある人。

実際はどうでしょうかね?
スポンサーサイト
[PR]

「考える」をしていますか? 2

みなさん、こんばんは( ・∇・)



みなさんにとって果物はどんなものが美味しいと思いますか?

「甘い果物」

かもしれません。国産の果物って品質がいいと思っていませんか?


勿論僕個人的な意見ですけども、国産の果物は「高いくせに不味い」です。外国産の果物の方が安くて美味しい。

国産の果物は果肉が柔らかく、やたらに果汁がじょばじょば。味が甘さ以外ほとんどない。繊維質が多いのが不愉快。どの果物も果汁たっぷりの中に甘さが漂っているイメージ。いちご、メロン、りんごなんか。

昔僕が小さいころはこんなんじゃなかったような?

野菜においても果汁じょばじょばはありませんが、甘いのが美味しいと思い込んでいるからか、糖度を高く品質改良(改悪)をこぞってしている。生で食べても甘いとうもろこしってそれは違うと思います。

果物は甘いのが美味しいと言うのに、ケーキは甘さ控えめがいいとか言うのは全くもって変だとしか言いようがない。


どうしてこうなったのか?


間違った情報を垂れ流すマスコミがいて、それを信じる視聴者がいて、売れるがために品質改悪を続けてきた生産者、その結果が今ある現状です。とにかく味が希薄。果物としての個性は完全に失われています。


セックスにおいてもこれまた間違った情報を垂れ流す輩がいて、それを信じる人がいて、それによって被害を被る女性がいる。



考えていますか?

スマホによって、情報量は昔と比べてかなり多く入ってくるようになりましたがそれを何も考えもせず鵜呑みにするのは危険です。

「考える」をしていますか?

みなさん、こんばんは( ・∇・)


今回は思ったことを書いていきます。少し辛辣になりますがご了承ください。


以前のブログの中で、テレビによく取り上げられている有名店だから美味しいとは限らない、ということを書きました。…というより美味しくないお店がほとんど。

テレビ受けするものを放送して視聴者によりみてもらい、とにかく視聴率を上げたいテレビ局側と、有名になって儲けたいお店が味はともかく見栄えするものを作る。そんな構造です。

どうみてもそれはあり得ないと思うことを、さも自慢気に語るパティシエ。たいした味もわからないグルメリポーターが大袈裟に褒める。それを見てお客様が来店する。

この場合、パティシエにもマスコミにも大きな問題はあるが、購入する側にも問題はないだろうか?


「みんなが美味しいと言ってるからこれは美味しいんだ」

「テレビによく出ているから美味しいんだ」

「芸能人の~が紹介しているから美味しいんだ」


…こんな人はいませんか?

そんな人ネットでの情報を鵜呑みにし、自分で「考える」ということを放棄しています。そこには自分というものがありません。


長い前フリになってしまいましたが、これはこの業界においても同様だと思います。

「口コミの件数が多いから」

「口コミにいいことが書いてあったから」

…よくよく考えてくださいね?

同じ人が何回も口コミして件数が増えているだけではありませんか?

文章を読んで、これは女性のものではないと思いませんか?

民放では特にそうですが、テレビで嘘が堂々と放送されている時代です。

よく考えてケーキもセラピストもチョイスしてくださいね🎵大切なお金と身体を預けるわけですし。


…偉そうに言ってるケンタは作ってるケーキと同じく見栄えはよくなくて(笑)味?は悪くないと思います😊

もう一度言います、見栄え(外見)はよくないですよ~(笑)

褒めるということは(褒めたければ褒めようとするな))

みなさん、こんばんは( ・∇・)


今回は僕自身が考える「褒める」について書いてみたいと思います。ちょうど前回のKさんの施術の感想で少し出てきましたので…

褒めるってなんでしょうか?他人のいいところを指摘して、喜んでもらう。そんなところでしょうか。

人に喜んでもらうために様々な褒めテクニックなるものが存在しますし、アダム徳永先生にも「2段褒め」を教えていただいたこともありました。

1つここで思い出なのですが、実は僕この褒め方があまり好きではありませんでした。なんとかして僕を褒めようとして、見られている感じがどうにも嫌でした。

2段褒めにせよ他の褒め方にせよ、どうも小手先のテクニックで何とかしてやろう、という感じがしてならないのです(あくまでも僕の主観です)

僕の考える「褒める」は「褒めようとしないこと」ですかね。

本当に思ったことを言う。ただそれだけ。

ですから、僕の中では褒めている感覚は全くありません。

僕が思ったことを口にして、受け手である女性が褒めてくれたと捉えてくれているだけ。


どんなに着飾った言葉でも、どんなに女性が馴れていない褒め言葉をかけられたとしても、心に1番響くのは営業トークなどといった損得勘定や打算の一切ない曇りなき心からの言葉。

正に心と心です。人の思惑が入り込んでいるような言葉では心に響かない。


…偉そう言ってる僕にしてもこれに気がついたのは、この仕事を始めて間もなくのこと。そのきっかけを作ってくれた人にとても感謝しています。

着飾ったところでたかが知れていますし(笑)僕は僕らしく、これからもこの「褒めない」スタイルでいきたいと思います😊

ストレスを感じなくするためには

みなさん、こんばんは( ・∇・)


只今デュオ静岡2周年記念キャンペーン開催中です!今年は期間延長しませんので気になる方はお早めにどうぞ😊施術希望日が今月でなくとも、予約確定日が今月であればキャンペーン適用させていただきます。

さて、今回は「ストレスを感じなくするためには」と題して、僕なりの思ったことを書いていきます。


僕がお店をオープンしてから3ヶ月が経ちました。いざ自分が経営者になってみると、サラリーを貰っていた時と比べると様々なプレッシャーやストレスがあるな、と実感しています。雇われて働いていた方が楽ですね。

そんな時、僕なりの提言。


「欲をなるべく捨てること!」(゚Д゚)ノ⌒・


どういうことか、僕の例を挙げてみますと…

「もっと売上がほしい」「儲けたい」「楽したい」「有名店になりたい」「お店を大きくしたい」…などなどお店を持っている方はそんな欲があるのではないでしょうか?

しかし、そんな欲がありますと儲けたい一心で多少美味しくなくなるとしても、安い材料を使ってみたり、お客様に買ってもらいたいがために値段を下げてみたり、自分が作りたいと思っていないものでも作るようになったり、メディアに取り上げてもらいたいあまりに話題になりそうなことをしてみたり…

想像しただけでもストレスですよね?

「自分のお店を最低限維持するだけでいい」

ということにすれば、メディアに媚びる必要はないし、自分の作りたいものが作れるし、材料も自分の美味しいと思ったものを使える。値段も下げなくていいわけです。

維持するだけの売上が必要であるプレッシャーはかかるものの、ストレスはだいぶ減ると思います(僕の場合はバイトやデュオで働くことで、そのプレッシャーさえあまりないです)

僕の例でお話しさせていただきましたが、他のことでも同様だと思います。

「あいつよりも出世したい」「給料がもっとほしい」「顧客がもっとほしい」…などなど

欲をなるべく捨てることが出来れば、ストレスどころか楽しい毎日が送れると思います。


僕は毎日、ご飯が食べれて働けて、それで充分幸せ。

それに女性が喜ぶことができて、もっともっと幸せ。


みなさんはどうですか?
プロフィール

ケンタ

Author:ケンタ
FC2ブログへようこそ!

アダムスクールに通ってアダムJr.の称号も受け、出会い系サイトにて独自にスローセックスを普及する活動をしていました。

ある日ご縁でシンさんと出会い、より多くの女性のお役に立ちたいと思い、デュオ静岡として、性感マッサージ師になることを決意しました。

僕のする施術は女性の本来のものを引き出すものです。女性は誰でも素晴らしいものを持っています。

気持ちいい、癒される、は当たり前として、今後の女性にプラスになるような施術を目指していきます。

女性に喜んでもらえるよう頑張りますので、このブログともども、みなさんよろしくお願いします!

浜松以外でも、東京、大阪その他の地域でも出張致します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR